FC2ブログ
Hな・・・
彼女との赤裸々な。。。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見2
 4月とはいえは、夜になると外にいては寒いのでとりあえず車に戻った。時間はすでに深夜なので、今日のところは帰ることになった。彼女とは職場の近くで待ち合わせしてたので、そこに彼女の車が置いてあった。車の中では手を握ることもなく、ただ車を走らせるだけだった。お互いにきまずい状況を何を出来ずにいた。
 まもなく車の置いてあった場所に着いたが、彼女も私もさよならを切り出せずにいた。やがて私は彼女の体を引き寄せた。彼女は抵抗をしなかった。そのまま二人は抱き合っていた。狭い車の中ではあったが、シートを倒すことで少しながら空間を確保することが出来た。彼女と私は長い間抱き合ったままだった。二人の呼吸する音だけが響いていた。
 不意に彼女と私の目が合った。二人は笑い出してしまった。何がおかしいのか分からないが、吹き出してしまった。私は彼女をまたきつくだきよせ、彼女の唇を奪った。最初は抵抗した彼女もすぐに言うなりになった。私たちは何度も唇を重ねた。
 私たちは離れた後しばらく沈黙したが、その日はそこでわかれた。お互いに次にあうことは当たり前のように約束を交わすことはなかったが、次に職場で会う日がお互いに待ち遠しかった。週があければまたあえるのが待ち遠しかった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://t604.blog41.fc2.com/tb.php/4-8b4b55e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エログ-(エログランキング)

しゅん

Author:しゅん

エログ-(エログランキング)

33歳妻子有。これまでと、これからのエッチな体験をのせていきます。 リンクフリーです。よろしく

お客様

ご来店ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ぺんぺんの部屋

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。